孫策の暗殺まで予見していたスーパーマン郭嘉はどんな性格の人物!?

Sponsored Links

陳羣から「素行が悪い」と言われた不良軍師(笑):郭嘉ですが、ちょっと性格に難有りだったのかも?というお話をしたことがありました。

そんな彼は38年という短い生涯の間に、幾度も曹操を助けています。その献策は常に違えることなく、曹操を勝利へ導いてきました。

今回はそんな郭嘉の献策や逸話から、彼の内面を読み取っていきます。

軍師として

曹操は度々、軍師達に弱気な表情を見せる事がありましたが、それだけ彼らを信頼していたのでしょう。特に、張良に例えられた郭嘉は、拠り所とされていました。

袁紹の器を見抜き、「袁紹の十の敗因、曹操の十の勝利」を述べた事は有名です。下邳に籠った呂布を討てず、曹操が退却を考えた時は、荀攸と共に反対し、結果、呂布を破っています。また、袁譚(えん たん)・袁尚の仲違いを予見して戦いを有利に運ばせるなど、郭嘉は人物・時世を見通す能力に長けていました。

この時、軍師は荀彧荀 彧(じゅん いく)と荀攸(じゅん ゆう)も居ましたが、郭嘉はどちらかと言えば、荀攸と同じタイプだったように思います。

Sponsored Links

劉備の器を見抜く

「正史三国志」における「魏書」には、呂布に敗れた劉備が、曹操を頼って落ち延びてくると、「この際殺すべきでは」と、述べる者が居ました。これに郭嘉は、「劉備は英雄だと評判の上、追い詰められてこちらに身を寄せたのです。彼を殺せば、殿の評判は落ちてしまいます。」と、劉備殺害に反対を示しています。

しかし、「傅士」によると、「劉備は人の下につくような人物ではなく、後々面倒になるからすぐに処置すべきでしょう。」と言い、さらに、曹操が袁術討伐の為に劉備を派遣すると、「劉備を自由にしてはいけません」と、再度進言するなど、真逆の態度をとっています。

どちらも、言われれば、「ああそうかもな」なんて思ってしまいます。

しかし、この二つの記述が、どちらも事実であったとしたら、郭嘉は劉備をどうするつもりだったのでしょう?劉備を殺せる出来事が起こるまで、手元に置きたかったのでしょうか?

何しろ、孫策の暗殺まで予見していたスーパーマンですから(笑)、劉備が裏切る事ぐらいは読んでいたのかも知れません。ちょっと気になりますね。

忠誠心

人物も時世も何でもお見通しの郭嘉ですが、彼は身体が弱く、自分が南方へ行けば疫病にかかることも、常々口にしていたようです。それでも、曹操には、荊州平定の優先性を訴えていたらしく、郭嘉の死後、曹操は、「命をかけて自分に仕えてくれていた」と、荀彧への手紙で嘆いています。

「荀彧伝」に、「戯志才(ぎ しさい、)や郭嘉らは世俗に背を向けた生き方をしていたが、優れた智謀で最後はそれぞれ名声をあげた」と書かれていますが、曹操に対する忠誠心は本物だったようです。

郭嘉にとって、自らの智謀を捧げられる主君に巡り合えたのは、この上ない喜びだったのかも知れません。

そして、それ以外の事は、あまり大事にしない(興味が無い?)人だったのかな?と思います。

340984

まとめ

陳寿からは、同じ伝にまとめられた程昱(てい いく)らと合わせて、「才能・知略に優れた世の奇士」と評されています。「清潔で徳業をおさめた点では荀攸と異なる」というオマケつきですが(笑)。

曹操への忠実さだけは、疑いようがないものであったと思います。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで三国志の小ネタをお届け!

スリーキングダムズの最新情報をお届けします

Twitterでスリーキングダムズをフォローしよう!

高村真琴

高村真琴

投稿者プロフィール

猫とお酒と三国志が好きな一児の母です。
項羽と劉邦からハマってしまい、漢書と正史は既にバイブルの域に。中華街に行くのも大好きで、三国志グッズを探しては買い集めています。
わかりやすく、読みやすい文章を心がけて書いています。

この著者の最新の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る